人気ブログランキング |

イシノマキにいた時間~大阪公演

昨日 大阪ABCホールに 
東日本大震災 復興支演舞台“イシノマキにいた時間” を観てきました。
f0293167_23194924.jpg
〜あらすじ〜

東日本大震災後、石巻で活動する小さなボランティア団体「take action」の代表、宮川廣貴(ヒロキ)は
震災後すぐに石巻でボランティア活動を始め、今も活動を続けている。

実家が工務店の安田幸一郎(ヤス)はゴールデンウィークにやってきてから長期の活動を続けている。

フリーターの飯田人志(ヒトシ)はバイトを辞める度に石巻にやってくる。
どちらかというと、石巻に来る度にバイトを辞めている。

飯田のように、何度も石巻にやってくるボランティアを「カムバック組」と呼んでいた。


2011年が終わる頃「いつまで?どんな支援を?誰のために?」
被災地に残っているからこそ答えが出ない葛藤が生まれていた。

そして今日も悩みながらも、朝からテンションの高い宮川と、
ことごとく普通なテンションの安田のボランティアな1日が始まり、
また飯田はバイトを辞めて石巻に戻ってきた。         (公式HPより)




笑えるし、、(^o^)
泣ける、、(。-_-。)
ココロにじんと来るのです。

ヒロキ ヤス ヒトシの3人が それぞれにボランティアへの思いがある。
被災者の気持ちに寄り添い 被災地のこれからを考える。。
ボランティアを経験されたからこそ伝わる熱い思いが 心に染みてきました。


出来るか出来ないかではなく やるかやらないかだ
劇中に出てくる言葉です。

そして 『支援』とは 支えて応援すること。。
もう一つ 『私援』とは 私が応援すること。。
私が出来ることを 自分なりにすれば良いんだと 心から思いました。




f0293167_23545119.jpg


ヒロキ役の福島カツシゲさん。
公演後 写真を撮らせていただきました(^^)
f0293167_00040839.jpg
大津に来てほしいな~ 
また観てみたいと思っています。
今決まっているのは 東京と北九州です。

 
☆ 東京公演 [会場] 紀伊国屋ホール
     5月25日(月)~27日(水)

 ☆ 北九州公演 [会場]枝光本町商店街アイアンシアター
     6月19日(金)~21日(日)




心に染みる温かい舞台を観て 美味しいものを食べて
とても有意義な一日でした(^^)v










by hacoron | 2015-05-17 19:39 | お出かけ
<< 日向の病気。 日向のこと。 >>