救急搬送

昨日の夜中12時頃 
父が “母がしんどがっている”・・・と 二階に居る私のところに言いに来た。

慌てて下に降りると 母は洗面所で 全身汗でびっしょりになり ふらふらしている。
すぐに着替えさせて 横になってもらったけど 「しんどい」と繰り返す。

心臓と糖尿の基礎疾患がある母。。
これは救急車しかないと 119番に電話。

10分弱で 救急車到着。
3人の救急隊員の人が 手早く血圧や脈を測ってくれる。

血圧は正常値だけど 頻脈だということ。
月一回受診している病院に搬送することになった。

妹に”救急車 呼んだ”と LINEをして 父には家に残ってもらい 付き添いました。 

心臓疾患があるので 血液検査等してみないと 何とも言えないと先生の話。
救急・夜間の待合で 待つこと約2時間。

心臓だったらどうしよう。。
しばらく入院かもしれない。。

・・・と思っていましたが 
心電図に不整脈は見られるけれど 
血液検査は 特に異常はなく 点滴をしました。
吐き気が 続くようなら もう一度受診してもらうということで
今日は 帰っても良いです・・・とのこと。

おそらく熱中症だったようです。

昨日は 一日暑い日でした。
高齢になると 暑さを感じにくくなるのでしょうね。
自分は暑くないと思っていても 体は赤信号。

お昼は エアコンも付けていたと思うのですが 
夜までは 私も気にとめてませんでした。

今日は 朝から食事も普通に食べて元気にしています。
昨日のことが嘘みたいです。
良かった(^^)/

昨日 夕方 妹と話した時 私が少しバテ気味で
「元気ないな。 どっか悪いの?」 と聞かれました。
なので 私が “救急車呼んだ” と言った時 妹は 私だと思ったみたいですよ(^^ゞ


これからも暑い日が続きそうですが 気を付けましょうね!
[PR]
by hacoron | 2014-07-27 18:02 | 日々の出来事
<< 献血したいのに。。 石焼生パスタ蔵之助 >>